2/11 星のおと 花のうた

無伴奏フルートと朗読で綴る
星のおと 花のうた
のステージが満席のお客様をお迎えし、
星港夜と書く、シンガポールナイトで
2/11開催しました。

ちょうど1年前に、フルート奏者内出京子さんと始めたコンサート、シリーズ化となり、今回が3回目。

笛と声
シンプルな組合せは、それだけ自分たちの今をさらけ出すことになり、ドキドキの時間でした。

私は内出さんのフルートの音色にとても芯を感じるのです。

フルートは横笛なのに、なぜか縦笛を聴いているよえな錯覚を起こすこともあるくらい。

深みのある命ある音。美しいだけじゃないしなやかな命が息づく音。それを聴いて、そして、また朗読する自分。力をもらいます。

今回もとっても素敵な音色でした。



お客様からの感想はどれもありがたいものばかりでしたが、その中で、私の声についての感想を頂きました。
その方は耳の病気をしてから、敏感になり、特に女性の高い音を聴くと、頭がガンガンするようになったそうです。仕事場のミーティングが辛い時がある。でも今日はそれを一度も感じなかった。それは、歌の時も同じで、高い声を聴くのが怖かったが、大丈夫だったと話してくださったのです。

私は自分の身体のどこにも声をあてません。
どこにも響かせないで、声は奥深くから身体を通り抜けて出て行きます。
したがって私の声の響きは体の外にあります。

これまでもそれを伝えるためにボイストレーニングをしてきましたが、頂いた言葉で、とても勇気を頂いたのです。

どんな声の悩みにも応えられるボイストレーナーを目指していきます。

ご来場頂いた皆様、心にかけてくださった皆様、シンガポールナイトの皆様、受付とサプライズ演奏をしてくれたピアニスト針生奏子ちゃん、ありがとうございました。

また頑張ります。


a0354598_01093018.jpg

おまけ
2/11は内出京子さんのお誕生日

まめいちさんにお願いして、お祝いの和菓子を作って頂きました。

打ち上げ風景。写真は針生奏子様から頂きました。


a0354598_01274266.jpg

a0354598_01280688.jpg

a0354598_01282908.jpg

[PR]
by 7colorsvoice88 | 2016-02-13 00:47